名古屋・愛知のお得グルメランチ

愛知・名古屋のラーメン・定食・大盛り系のサラリーマンランチブログ

「麺屋はなび 本店」の台湾まぜそばが激ウマだったのでブログにしました!名古屋市中川区

愛知県で一番うまいまぜそばの名店・台湾まぜそばの元祖「麺屋はなび 高畑本店」にやって来ました!

台湾まぜそばの元祖「麺屋はなび 高畑本店」

「麵屋はなび」の本店は、名古屋市中川区の高畑というところにあります。

名古屋市営地下鉄東山線「高畑駅」の3番出口から歩いていける距離にあります。

駅から近いのは嬉しいですね。

「麺屋はなび高畑 本店」常に行列が絶えない

f:id:majingourmet:20170604131056j:image

午前11:20開店前から並んでますよ。

車で行く方は駐車場を利用して下さい。「麵屋はなび」の隣にあるパチンコ屋の駐車場の一部が使用可なので車はそちらへ駐車するといいですよ。

f:id:majingourmet:20170604133628j:image

店舗の前には駐車場の案内看板があります。

私はいつも看板に書いてある案内に従って、西隣りにあるパチンコ屋の駐車場に車を駐車しています。

駐車場が広くて、車が駐車しやすいのが高畑本店の魅力の一つですね。

ぶつけられる心配も減ります。笑

「麵屋はなび」の行列は覚悟して行け

f:id:majingourmet:20170604151650j:image

 私はいつもランチ時間の開店前に食べに行くのですが、必ず待ち人がいるんですよね。

だいたい午前11時10分くらいを狙って「麺屋はなびに」到着するのですが、このくらいの時間でようやく第一陣でカウンターに座ることができます。

運が悪いと、第二陣で座る羽目になるときもあります。

 

お昼のランチ時間はいつも行列で、サクッと食べれないのが悲しい!

行列は人気店の宿命なのでしかたないですね。

ちなみに、行列に並んでいる時は店側のご厚意で水分補給出来ますし日傘、膝掛けなど用意されています。暑い夏や冬には嬉しいサービスですね。

 

メニューも置いてあるので並んでいる間にゆっくりと注文を考えられるのもいいですね。

「麺屋はなび 」に潜入

f:id:majingourmet:20170604153004j:image

店内に入るとまず店員さんに食券機で食券を買わされます。いきなり買う形なので、やっぱり待っている間にメニューを決めとくといいですよ。

 

それに、食券機は初めてだとどこにどのメニューが書いてあるか分からないですよね。

私はそれが非常に苦手!(いつもあたふたしちゃってます)

 

でも今はどこの店も効率化の為そうしてますのでついて行くしかない。(がんばれアラフォーおやじ)

食券を買うといよいよ席に座れるか?

と思うかもしれませんが、混んでいる時は中待合に座ってまだまだ待ちます。(まぜそばまでの道のりは長いぜ)

 

中待合で待つことになると、そこで食券を回収されますので注文手続きはここで終了~。

さあ、ゆっくり待ちましょう。

「麵屋はなび」の席はカウンターのみで11席ありますが、カウンターに辿り着くためには辛抱との戦いなのです。(うまいものを食べるためには時に我慢も必要だ)

 

待つ価値は十分ありますがね。

店内にはサザンオールスターズの音楽がひたすら流れてるし、店中のいたるところにポスターやらコンサートグッズやらサインやらがあるから(オーナーが好きなんだろうねえ)眺めてる間に順番なんてすぐ来るさ。

懐かし曲とノスタルジックな店の雰囲気がまたいい味出してます。(うまいのはまぜそばだけじゃあないんだな)

 

店員さんの接客も元気があって非常に丁寧で好感が持てますしね。(女性店員多めなのもオーナーの趣味なのか?)

本当の繁盛店はやっぱりお客さんを大事にしようという基本を忠実に守っているんだなと思いました。

 

どっかの味噌ラーメン屋のように腹がたつ事は全くなかったですよ。

f:id:majingourmet:20170604153129j:image

店内装飾に紛れてさりげなく塩へのこだわりが書かれたボードがあった。

 

f:id:majingourmet:20170604153247j:image

中待合のうしろにずらりと並ぶ食材たち。いい出汁ですなぁ〜。

「麵屋はなび」の台湾まぜそば

以上の道のりを経てカウンターに到着するとあとは至福の時を待つだけです。

カウンターで修行僧のようにその瞬間を待つのです!

 すると、やってくるんです!

おりゃー!

f:id:majingourmet:20170604154950j:image

台湾まぜそば大盛

f:id:majingourmet:20170604155310j:image

台湾まぜそば並と台湾まぜそば大盛にそれぞれ味玉トッピング。白飯はランチタイム一杯分サービスなので、食券を渡す時に白飯をオーダーしましょう。

f:id:majingourmet:20170604155645j:image

  • 台湾まぜそば810円+DX320円(別の日のランチに食べました)

こんなモンスター級のまぜそばがやってくるんです!見事でしょ?

完璧な美しさでしょ? やっぱり台湾まぜそばのキングは「麵屋はなび」だわ。 味も完璧。

 

 さていただきましょう!

まぜて、まぜて、よーく混ぜると

f:id:majingourmet:20170604160120j:image

まぜそばの悲しいところ

着丼したときは、ものすごく見た目もおいしいそうなのに、おいしくするために混ぜると見た目が微妙になるところ・・・。(けど匂いはさいこう)

 

f:id:majingourmet:20170604160208j:image

写真の状態にしたらできあがりです。

太麺を割り箸でしっかり握ったら口の中に一気にぶち込んで下さい。

いただきまーーす!!

 

「うまぁーい!からぁーい!濃厚!!」

うおっ!うますぎる!

中毒性高いわー!!

うますぎるもん!!!

泣けてくるぐらい美味しい!!!!!

 

ミンチの甘辛さは絶品で、他の具材との調和は抜群。

ヤミツキ感がハンパない。(メタボおやじまっしぐら!)

 

ここの台湾まぜそばは、麺に濃厚なタレが絡められてて、独特にうまいんですよね!

もうね、ここのまぜそば食べたら、他のまぜそばが霞んでしまうんですよ。

毎日でも食いたい!

行列さえなければ、時間に追われてる時でもここのまぜそば食べれて最高なんですがねぇ〜。

「麵屋はなび」には追い飯という凶悪なメタボ制度があった

 あまりにうまいので、あっという間に麺がなくなってしまうのですが、ここで最後のとっておきがあるんです。

それが追い飯!

残った台湾ミンチと!タレの中にレンゲ一杯分(とかいいつつ普通に茶碗一杯ありそう)の白飯を入れてくれるんです。食べるとまた違った美味しさでまぜそばを味わえます。

麺が無くなったら遠慮なく店員さんに、

「追い飯お願いします!」

と言ってみましょう!

すぐに対応してもらえます。

 

この追い飯も残っている具材とまぜまぜして下さい。(見た目微妙過ぎて写真のアップは控えておきます)

追い飯もうまい!

ジャンク感満載でレンゲが止まりません。

これがなければまぜそばとは言えないぐらい鉄板ですね。

はなびは最後の一滴まで上手い!

全てが完璧なバランスですね。

 

本店の「麵屋はなび」の台湾まぜそばは最高すぎます。

行ったことない方は、是非行ってみてくださいよ~!

そこには感動と至福が待っています。

死ぬ前に一度は食べないとね!

「麵屋はなび」メニュー一覧

f:id:majingourmet:20161214204515j:plainf:id:majingourmet:20170604165227j:image

↑多彩なメニューです。

f:id:majingourmet:20161214204620j:plainf:id:majingourmet:20170604165311j:image

「麺屋はなび 」おまけの紹介

台湾まぜそばはもちろんいいですが、台湾ラーメンも美味いですよ。

f:id:majingourmet:20170604165438j:image

私のようなメタボウにはさらっと食べられるので、台湾ラーメンは(も)大盛りがいいかもしれませんよ。

「麵屋はなび 高畑本店」店舗情報

f:id:majingourmet:20170604165029j:image[住所] 名古屋市中川区高畑1-170

[電話番号] 052-354-1119

[営業時間]

11:30〜14:00

18:00〜21:30

[定休日 ]

月曜、第1・第3火曜日