グルメ大魔神メタボウ

愛知・名古屋の食べ歩きランチブログ・家飯・家呑み

【名古屋の名物ラーメン店】「ら・けいこ」は凶悪過ぎ

名古屋市東区「極太濁流ラーメン ら・けいこ 東片端店」

以前から、この名古屋市には二郎を超越した

「男ラーメン」

なるものが存在すると言われている。

それは名古屋の文化であり、伝説。

そして、デブ達の星。

数々のラーメンマニア達を倒してきた凶悪なラーメン店、それが「ら・けいこ

後輩達を虜にする凶悪なラーメンと勝負だ!

ということで「ら・けいこ」へゴー!

11:45 駐車場はないので、前にあるコインパーキングに車を止めて店内へ。

店内は早くも中年太りのリーマンで埋め尽くされそう。

お前ら!昼休みフライングじゃねーのか!

店内入ってすぐの券売機で食券を買おうとするが故障中。

そんなの初めて。

軽く戸惑っているとギチギチのカウンター席に通され、口頭注文。

事前情報で、デブセブハイパーは危険と言われていたので、今回は人気の

盛りそば810円

をチョイス。

大盛りにしようか迷ったが、初戦なので相手の出方を見る。

さてどんな奴が相手かな〜

しばし待つ。

カウンター内では、店主と思われ厳つい男の人が精魂込めて作品を作り出している。

そしてとうとうその時はきた。

 

着丼

 

「・・・。」

 

「なんじゃこりゃあ!!」

 

ドンブリに満タン極太麺が入っている!

いや、詰まっている!!!

スゲッ

普通のラーメン屋の大盛り余裕越え。

凶悪すぎるわー!!!!!

相手のジャブでふらついた私は箸を持って反撃。

いただきます!!!!!

そりゃ!!

極太麺を握力でねじ伏せ、背脂ギトギトのスープの中にその極太をブチ込んだ。

と同時に麺を口の中へ。

 

「ぐおっ!うまーい!」

 

何という濃厚さ、そしてあとを引く酸味。

これが大勢のマニア達を虜にしてきた男ラーメンか。

トッピングのチャーシューも短冊切りになっていて食べやすく、出し巻きは箸休めになってグッド。甘くておいしい。

個人的には出し巻き追加したいぐらい。

極太麺は小麦の美味しさを肌で感じる逸品に仕上がっている。

 

見事。

 

決してイロモノではない真剣さ。

ごちそうさまでした。

 

腹がはちきれる!

よく食べれたな俺!

名古屋の名物と呼ばれるだけある。

 

次はデブセブハイパーと勝負したい!

f:id:majingourmet:20160905095400j:plainf:id:majingourmet:20160905095430j:plainf:id:majingourmet:20160905095457j:plainf:id:majingourmet:20160905095528j:plain