読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グルメ大魔神

愛知・名古屋のグルメランチブログ

【名古屋市中川区の超人気ラーメン店】紫陽花の醤油ラーメンは美を感じる一杯でした

感動するラーメンを求めて常に探求している私としては、この

「紫陽花」

は避けては通れない相手である。

愛知県No. 1醤油ラーメン

この称号が相応しいのか、その答えが出る時が来た。

さあ、感動できるかな!

相方を無理やり誘っていざ出陣!

 紫陽花へゴー!

f:id:majingourmet:20170207230014j:imagef:id:majingourmet:20170207230022j:imagef:id:majingourmet:20170207230028j:imagef:id:majingourmet:20170207230048j:image

そんな感じでスタートし、店に到着したのは開店15分前 。

ここで思わぬ事態が!

なんと、駐車場が空いてない!

f:id:majingourmet:20170207230118j:image

↑ 既にここは埋まっていた。

 

並んでいるのは想定内だったが、まさか駐車場が空いていないとは…。

ムカつく!

「早く来た意味ねーじゃねーか!」

「お前ら何時から並んでんだ!」

「この、暇人どもが!働け!」

と、並んでいる暇なヤツラに怒鳴り散らしたい気持ちをグッとこらえ、とりあえず相方を降ろして駐車場難民化。

辺りをウロウロして、人生餃子を南進し、2本目を東に進むとコインパーキングを発見。

1時間200円と割高な設定だが仕方ない、

路駐やコンビニに駐車する人間のクズ共とは違うので、潔く駐車。

大事の前の小事。

まあいいさ、

相方よ!ゆるせ!泣

 というわけで、不本意ながらも紫陽花に戻り、最高尾にいる相方の隣に並ぶ。

やれやれやっと並べた。

f:id:majingourmet:20170207224904j:image

↑ 駐車完了しないと並んではダメらしい。知らんかった。ごめんなさい。

 

しばらくすると開店。

さあ〜いくか!

といっても、15人くらい並んでるから中待合までたどり着けるか微妙なところだ。

イケるか!

しかし案の定、ジャストで中に入れず。泣

 

俺の人生こんなもんだ。

 

ふてくされながら、寒空の下、店の外で五分ほど待たされると入店を許可され、券売機の前に立つ。

もちろん、オーダーは決まっている。

特製醤油らぁ麺 980円 大盛(ここは終日大盛無料)

それに、昼時には無料になる白ご飯。

ラーメン屋に不慣れな相方にも同じモノを頼んでやる。

ただし、ラーメンは普通盛。

f:id:majingourmet:20170207230937j:image

↑ 券売機があるのに、カウンターにメニュー表がある。いい感じだ。

 

食券を店員に渡した後は、中待合でラーメン雑誌を読みながら席が空くのを待つ。

カウンターに座るのを夢見ながらヨダレを垂らしていると、意外と早く席が空き着席。

どの店でも着席着丼は嬉しい瞬間である。

f:id:majingourmet:20170207233503j:image

↑ カウンターのみ10席。

f:id:majingourmet:20170207234005j:image

↑ 今まで見たラーメン屋の中で一番丁寧な仕事ぶりです。

 

やっとカウンターに座ると、なんと厨房が丸見え。

おいおい見えすぎちゃって困るんじゃ無い?

と思いましたが、見せれるということは、仕事に自信があるという証拠。

どれどれ、仕事見させてもらおうじゃないの!

厳しくいくよ!厳しく!ビシバシと!

タンスの裏のホコリも見逃さないよ!

そんな邪な考えで厨房を覗くと、そこは

「神の領域」

だった。

メチャクチャ丁寧かつ繊細。

所作の一つ一つから大将の真剣さが伝わって来ました。

非の打ち所がない。

相方曰く、

「こんなに丁寧に麺を入れる人初めて見た!」

とのこと。

素晴らしい仕事ぶり。

ついつい時間を忘れてしまい、大将の領域に引き込まれてしまいます。

 

このラーメン屋は非日常的な空間ですなぁ〜。

 

こうして、しばらく大将の手捌きの中で幻想に浸っていると、目の前には

桃源郷のような美しいラーメン」

が現れた。

f:id:majingourmet:20170207235023j:image

↑ 特製醤油らぁ麺 980円

f:id:majingourmet:20170208002040j:image

↑ 特製醤油らぁ麺 普通盛と白ご飯

 

うっ、美しい!これが本当にラーメンなのだろうか…。

輝く鶏油

鶏チャーシュー

豚チャーシュー

味玉

シナチク

三つ葉

程よく透き通ったスープ

そのスープ越しに見える麺

これらが黄金比で飾られている。

f:id:majingourmet:20170208001941j:image

f:id:majingourmet:20170208004909j:image

↑ 特製醤油らぁ麺 大盛  980円

 

これは芸術作品だ。

あまりの美しさに見惚れてしまい時が止まる。

一瞬、我を忘れる。

が、再び現実に戻り、私は静かに呟いた。

 

「いただきます。」

 

f:id:majingourmet:20170208001922j:image

 スープを一口飲む。

 

「美味い。」

 

ホッとする味。

見た目以上に濃厚で醤油辛いが、魚介や鶏ガラの味わいが深く、重厚な味わい

 満足しながら二口目を飲む。

 

「あれっ?何処かで飲んだなこの味。」

 

昔からよく飲んでるような懐かし味わい。

 3口目を飲む。

 

「あっ!わかった!わかったぞ!!」

「うどん」とか「暖かいそば」の汁に似ているんだ!

 

なるほどそれで馴染みのある味わいだったのか!

繊細で美味しいはずだ。

出汁が良すぎて和風感全開なのね。

 だが、このスープに合う麺は難しいぞ。

麺の実力が試される時!

さあ、紫陽花自家製麺の実力を見せてもらおうか!!

f:id:majingourmet:20170208002826j:image

 ↑ 麺リフト。ツルシコすぎるが腰はあまりない。

ズルズル、ムシャムシャ…。

 

中太麺で若干の平打ちストレート、加水高め、あまりコシのないツルシコ麺。

 

 こっ、これはっ!

 

スープに全く合わない!

おいおい!なぜこの麺なんだ!

残念すぎるだろ!

 

この太さの麺では、スープに上手く絡まないし、麺が主張しすぎてスープの繊細さを壊してしまう。

さらにツルシコすぎてスープが乗ってこない。

これでも麺が単独で美味しければなんとかなるもんだが、この麺は飛び抜けて美味しいわけじゃないからカバーできない。

ショックだ…。

これなら冷麦やそばの方がスープに合って断然美味しいと思う。

残念ながらゲームセット。

終了だ。

今回も感動できなかったです。

 

最後に個人的な評価をしますと、

麺60点。

スープが90点

ラーメンのトッピングについては95点

特にチャーシューがいいね。

鶏と豚のチャーシューは脂身もなくて、非常にヘルシーで美味しい。

鶏チャーシューは若干柑橘系?柚子?のさりげない風味があり、豚チャーシューは生っぽい感じが肉っぽくて素晴らしい。

グッド!

味玉、シナチクも味がしっかりついててさらにグッド!!

ホント麺だけが残念でした。

あとは完璧なのに…。

再訪はありです。

機会があればまた行きたいです。

ただし、 醤油らぁ麺は食べません。

紫陽花の醤油ラーメンは私の求めている味とは全く違ったので、もう二度と食べることはないでしょう。

今度は美味しそうな「つけ麺」をいただきたいと思います。

ごちそうさまでした。

 

〈補足〉

外で並んでから食べるまで一時間かかりました。

誤解がないように言っておきますが、紫陽花の醤油らぁ麺は不味くはありません。

むしろかなり美味しいです。

ですが、万人ウケするものではなく、非常に好みが別れるラーメンだと思います。

 

らぁ麺 紫陽花

052-355-0787

愛知県名古屋市中川区八剱町4-20-1

コーポ源1階