読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グルメ大魔神

愛知・名古屋のグルメランチブログ

【名古屋市の大盛り店】洋食工房パセリは大盛り、ガツ盛り、メガ盛りの聖地である!

愛知・名古屋の大盛り店 愛知・名古屋のうまい店

聖地巡礼、パセリを攻略せよ!(食レポ特別編)】

1. 爆食家の聖地

名古屋のグルメを語るなら一度は体験しなければならない聖地がある。

それが名古屋市天白区にある聖地「パセリ」だ。

ここは「爆食家達の聖地」であり、ガツ盛り、メガ盛りのグルメ雑誌には何度も取り上げられている店である。

そして、この店には愛知県の爆食家達が毎日集まり、パセリ飯を爆食することで、無尽蔵の力を得ているのだ。

名古屋では同じジャンルの大盛り店「寅安」以上の人気。

そんな神聖な場所へ巡礼するべく、私は同僚とともに車でパセリへ向かった。

 

2.行列

駐車場は、パセリの店舗が入っているビルの地下に存在した。

153号戦沿いに駐車場の入口があり、東進しか入れないので注意が必要である。

我々は事前にリサーチしていたので難なく駐車場にピットイン。

駐車券を取り、車を止めると、ビルの階段を上り店の前へと進む。

(30分100円。パセリでの会計時に1時間分の駐車サービス券をくれるので、必ず駐車券は店まで携帯して下さい。)

 

時間は午前11時15分。

いい時間だ、サクッと一番最初に食って帰りますか!

と同僚と話し、勢いよく店に近づきながら、歩を進める。

「人気ラーメン店じゃあるまいし、開店15分前という早い時間だから2、3人並んでいればいい方かな。」

楽勝だろう。

そんなライトな気持ちでパセリをナメていたら痛い目にあった。

何と店の前には10人以上のフードファイター達の行列ができていたのだ!

そんなバカな!

限りなくトップに近い順番だと思っていたがその夢は砕かれた。

f:id:majingourmet:20170209111307j:image

↑ 貫禄のある体型の方々(フードファイター)が開店前から並んでいます。食に対する執念を感じました。汗

 

並んでいる間も、次々とフードファイター達があつまってくる。

「なんで店だ!危なかった!!」

あと数分遅かったら第一弾で入る機会を逃すところだった。

あぶねー、あぶねー。

油断大敵とはこのことだ。

 

3. 開店

午前11時30分。

いい感じで、デブじゃなくて、フードファイター達に囲まれると、待ちに待った開店時間となった。

いざ店内へ!

ビギナーなのでシステムがわからないが、とりあえずファイター達の動きに合わせる。

様子を、見てると最初のファイターがトイレ近くのカウンターの一番奥に座った。

すると、そいつの隣の席に二人目のファイターが座り、さらにそいつの席の隣に三人目のファイターが順に座っていく。

なるほど、奥から順に座るわけね。

f:id:majingourmet:20170209135837j:image

↑カウンターの状況。たくさんのソースドレッシングが置かれてます。使いたい放題が嬉しい。

f:id:majingourmet:20170209155747j:image

↑ 水はセルフで!

 

慣れない我々もファイター達の並び順に合わせてぎこちなくカウンターに着席。

「やれやれ、ひと段落か」

と思っていると、爆食のユニフォームを着た可愛らしい店員が手際よく、カウンターの席順に注文を取り出した。

看板娘と言ったところか。

注文もスピーディーに取っていく。

カツ盛りL

唐揚げL

ダブルカツL

ファイターの連続攻撃をサクサク受け流す。

流れる様な手さばき足さばき、見事である。

「円を描く様に!」みたいな!

流石にデブの扱いに手慣れてる感じだ。

私も彼女の勢いに押され、店内の黒板メニューを確認し、ファイターの何人かが注文してた人気メニューっぽい
カツ盛り合わせ定食 Mサイズ 1100円
をオーダー。

本当はLサイズにしてみたかったが、デブ達がLサイズなのでビビってしまい、若干弱気になってしまった。

だが、この選択が後で後悔するハメになるとは、この時は予想していなかった。

f:id:majingourmet:20170209135236j:image

↑ 店内のメニュー。

f:id:majingourmet:20170209135314j:imagef:id:majingourmet:20170209135445j:imagef:id:majingourmet:20170209135606j:imagef:id:majingourmet:20170209135634j:image

↑ ファイターウケする様なメニューがずらり。

 

4. カツ盛り合わせ定食Mへの不満

全員の注文が終わると、店内は落ち着き、厨房にいる大将がマックスで動き出す。

ガタイの良い大将だった。

寡黙で一見怖そうだが、根は優しい職人さんだろう。

仕事ぶりも真面目でキッチリしている。

この大将が爆食家の胃袋を支える教祖なのかと思うと偉大な人物だと思う。

できるだけセルフ化して、従業員も女の子1人。

人件費を減らして価格を下げているのだろう。

その頑張っている姿勢に好感が持てる。

店内も割りと綺麗にしてあるし、お客にも誠実に向き合っている。

いい店だなぁ〜と思っていると、周りに次々と定食が配られる。

「すっ、すげぇ!」

ファイターに出される揚げ物達は人知を超えた量である。

私はその量を見て驚くばかり。

特に唐揚げLサイズがヤバイ!

寅安の唐揚げマウンテンよりデカイかもしれない。

カツ盛り合わせLサイズもビッグなボリュームだ。

分厚い大きなカツ二枚にクリームコロッケと山盛りキャベツという豪華さ。

半端ねぇ〜。

これはMでもヤバイかもしれない!

そんな恐怖と期待が入り混じった複雑な気持ちでファイター達の食いっぷりを見ていると、笑いがこみ上げてきた。

食べ物に執着するファイターに女の子が定食を出す姿やご飯のお代わりを出す姿が、
「エサを与えている飼育員」
の様に見え、少し笑えてきたからだ。

店員の女の子の配膳がテキパキして機械的なのが余計に笑えておもしろい。

次々とくるファイター達のご飯お代わり攻撃を上手にさばく絵がかなり気に入った。

まさに家畜にエサをやる飼育者。笑

そんな飼育状況を観察していると、私のもとにもエサが届いた。

大将がじきじきにカツ盛りMサイズを運んできてくれたのだ。

「はい、カツ盛りのMです。」

ドカッ!

f:id:majingourmet:20170209142019j:image

f:id:majingourmet:20170209142045j:image

↑ カツ盛り合わせ定食Mサイズ1100円

 

おおっ!うまそー!

チキンカツとトンカツとクリームコロッケが皿の上にどかっと盛られてていい感じ!

見た目よし!

 

だが…

 

ファイターのLサイズと自分のMサイズを比較して、この時私は少し後悔してしまう。

 

「Lサイズにすればよかった…」と

 

なぜなら、ファイター達が食っているLサイズの盛り合わせと比べると、明らかにお得感が少ないからだ!

確かにMでも量は多いが、通常の大盛りサイズと言える量だ。

このサイズなら私でも適量と言えるレベル。

それに対し、LサイズはMと比べるとカツの大きさが2倍くらいになってる。

Lはまさしく爆食、メガ盛りと言えるシロモノ。

それにLとMは100円の差しかないのに、ここまで違うとは残念だった。

まあ、ご飯はお代わり自由だし好きなだけ食べれるからとりあえずは良しとするが、心の中がモヤモヤする。

納得できない自分を抑えつつ、気を取り直して実食に入る。

 

いただきます!

 

まずはチキンカツから。

パクパク、ムシャムシャ。

「サクサクジューシー!で、すごく美味しい!!」

このチキンカツうまいわー!!!

f:id:majingourmet:20170209152520j:image

↑ チキンカツ!個人的にトンカツより美味いと思いみした。

 

いいねぇ〜、冷凍じゃないよこの感じ!!

柔らかくて肉の美味しさが口の中で広がります。

「うまっ!」

ついつい独り言をつぶやいてしまいますねぇ〜。

次にトンカツ。

これも当たりだ!

思わず笑顔になってしまう。

「うまい!」

肉汁でますよー!

分厚いロース肉も柔らかく処理されてて、美味しく食べれます!!

今俺は肉食ってます!って感じ。

クリームコロッケの味は想像通りで、普通に美味しいですが、熱々の揚げたてなのでワンランクアップのうまさ。

全般的に揚げ物が上手ですね!

揚げたてだから余計うまいし!

さらに!さらに!揚げ物のポテンシャルを引き上げる

「カウンターに置かれた三種類のソース」

がいい。

みそ、マスタード、トンカツソース。

味もグッド!

これ以外にも、マヨネーズ、ドレッシング等好みに合わせてかけまくれるのが嬉しい。

これらのソース類を上手く使い分ければ、ご飯が進みまくりです。

いいねぇ〜この味を変えれるシステム。

だめ押しで、定食の豚汁もボリュームあって美味しいし、

「パセリは最高やぁ〜!!」

そこらのトンカツ屋入るなら絶対パセリ選びたいです。

それだけにLサイズにしなかったのを非常に後悔。

悔しさを感じながら、ご飯を普通盛りで一杯だけお代わりして、全て完食。

美味しかった。

ごちそう様でした。

私は程よい満腹感を味わいながら、最後に水を流し込むと席を立った。

そして会計時に駐車券を出すと1時間分の駐車券をくれたので外に出た。

いい店だった。

f:id:majingourmet:20170209155342j:image

↑ 三種類のソース。

f:id:majingourmet:20170209155418j:image

↑味噌

f:id:majingourmet:20170209155508j:image

マスタードソース

f:id:majingourmet:20170209155540j:image

↑ トンカツソース

f:id:majingourmet:20170209155622j:image

↑ 豚汁。この汁うまいですよ。

 

 5. 不完全燃焼

店を出ても客足は衰えていなかった。

まだ店の前の行列は解消されていないばかりか、新たなファイター達がまだまだ増えている。

流行る理由が分かった。

パセリはかなりの美味しさだった。

量があるだけのエサではない。

キチンとした美味い料理だった。

個人的には寅安よりパセリの方が美味しいと思う。

非常に満足だ。

だが、なぜか不完全燃焼な自分がいる。

 

「クソッ!」

 

理由は分かっている。

Lサイズを食べてないからだ。

 

グルメ人として不覚をとった…

 

この時、私の心の中でメラメラとリベンジの炎が燃え上がる。

今度こそやってやる!

「近日また挑戦するぞー!」

同僚にそう宣言すると、同僚もリベンジに付き合ってくれるとのこと。

よっしゃー!準備を整えて再戦だ!

f:id:majingourmet:20170209160739j:image

↑ 強者達が列をなすランチタイム。

 

6. リベンジ

数日して、リベンジの時が来た。

今度はディナー。

午後7時の夕食時間帯に店に到着すると行列はなかったが、中に入るとやはり満員。

 f:id:majingourmet:20170209163408j:image

f:id:majingourmet:20170209163452j:image

仕方ないので中待合でしばしの待ち時間。

この間に看板娘が注文を聞いて来たので、今度は迷わず、

カツ盛り合わせ定食 Lサイズ1200円

唐揚げ定食 Lサイズ1130円

を誇らし気に注文。

今日の我々に迷いはない。

唐揚げとカツ盛り合わせを同僚とシェアして攻略する作戦で行く。

注文後約15分ほど待つと、カウンターが空いたので着席。

カウンターに座りベルトの穴を一つ緩め、準備を整えているとすぐに定食が到着。

f:id:majingourmet:20170209162004j:image

↑ 唐揚げカツのランデブー。デブ!

f:id:majingourmet:20170209162040j:image

↑ カツ盛り合わせLサイズ。

f:id:majingourmet:20170209162107j:image

↑ 唐揚げ定食Lサイズ。ヤバイ量だ。

f:id:majingourmet:20170209162149j:image

↑ Mサイズとは世界が違った。

 

「すごい!このボリューム」

これを待っていたんだ!俺たちは!

いただきます!

あいかわらずカツうまーい!

いつ来てもサクサクジューシーです。

f:id:majingourmet:20170209162449j:image

↑ いい感じの肉厚感。

初めて食べる唐揚げもしっかりとした味付けで最高や!

味付けは塩胡椒とニンニクと醤油かな?

衣にしっかりと味付けしてあって、肉もジューシーで激ウマ。

寅安より食べやすくてうまいですね。

こっちの方が好み。

f:id:majingourmet:20170209162711j:imagef:id:majingourmet:20170209162729j:image

↑ 鶏肉美味いっす!唐揚げは超オススメ!

 

「しあわせやー!」

爆食最高!

完食は無理かと思ってだけど、うますぎてあっという間に完食。

ご飯もおかわりしちゃいました。

ただし、腹一杯で死にそうですがね。

後悔はありません!

ごちそう様でした。

 

7. おまけ

カツ盛り合わせ定食のMサイズとLサイズを比較してみました。

これで100円しか変わらないのは反則です。

f:id:majingourmet:20170209163616j:image

↑ Mサイズ

f:id:majingourmet:20170209163735j:image

↑ Lサイズ。カツが皿から飛び出しそうです。

 

洋食工房パセリ

052-834-9022

名古屋市天白区塩釜口2丁目1501

フェイムズ 1階