名古屋・愛知のランチグルメ

愛知・名古屋のサラリーマンのグルメランチブログ

【 愛知県大府市の人気ラーメン店】「神明」は知多半島の家系ラーメンの要だ!

 萬来亭の醤油豚骨ラーメンを食べてからと言うもの、家系ラーメンの美味しさを知ってしまった私は、萬来亭以上の家系ラーメンの名店を求めてさまよい続けていた。

すっかり家系ラーメンにハマってしまい中毒患者そのもの。

そんな折、大府市エリアで家系ラーメンの名店があると聞きつけ、知多半島の付け根にある

「神明」

と言うラーメン屋に乗り込んだ。

聞くところによると、この神明は、知多半島エリアで初の家系ラーメンを展開した店であり、不動の人気を誇っているとのこと。

これは行かないわけにはいかな行かない!

と言うことでいざ神明へ!

 f:id:majingourmet:20170219134255j:image

大府市の「神明」以前は別の場所にあったが、火事で店が焼けてから現在の場所に移ったとか。

f:id:majingourmet:20170221215645j:image

 

店に到着したのは午後8時前。

平日の夜とあってか、駐車場にはまだ空きがありスムーズに入店。

待たなくてラッキーだった。

店内は割と広く、カウンターとテーブル席があり、清掃も行き届いてて結構綺麗だ。

これくらいの席数だと余裕があっていい。

だが、入店してすぐには席に座れないのが不満だ。

なぜなら、まずは店に入ってすぐのタッチパネルで注文を入力しなければならないからだ。

これは良くない。

ゆっくりと席でメニュー表を見て考えたいのにそれができないし、タッチパネルの前で迷っていると、次のお客に迷惑がかかるからだ。

私はタッチパネルの前で少し不満になりながらも、

とんこつラーメン 780円

うずら15個 180円

ライス 180円

を注文。

注文後は、2人がけのテーブル席に案内された。

やれやれ、ようやく席に座れるといったところか。

f:id:majingourmet:20170221152753j:imagef:id:majingourmet:20170221152821j:image

f:id:majingourmet:20170221152912j:imagef:id:majingourmet:20170221152934j:image

f:id:majingourmet:20170221213533j:image

↑店内には「おでん」もありました。

f:id:majingourmet:20170221153013j:image

↑玉子サービス券。

席に座ると店員さんが玉子のサービス券を私に渡していった。

これは嬉しいサービス。

だがこれを使うと言うことは、再訪しなければならないということ。

つまり味次第。

はてさて、再訪するに値する味かな!

と思っていると着丼!!

f:id:majingourmet:20170221210733j:image

↑とんこつラーメン780円 うずら15個 180円

 

やって来ましたよ!

家系ラーメンの正しい姿で登場してますね。

スープは見た目にも濃厚そうで、「綺麗な豚骨スープに醤油が混ざっているんだな」と思わせる見事な色をしている。

ラーメンの具材は、

海苔3枚

ネギ少々

ほうれん草少々

シナチク少々

豚バラチャーシュー1枚

にトッピングのうずらで、チャーシューは箸で掴んでも崩れないシッカリしたものになっていて私好みな感じだ。

f:id:majingourmet:20170221214448j:image

f:id:majingourmet:20170221214506j:image

↑チャーシューリフト。

これは萬来亭越えを期待できるかも!

 

「いただきまーす!」

 

まずはスープを一口。

f:id:majingourmet:20170221215057j:image

↑何と説明していいのかわからない色合いですな。

「ほーう、なかなかクリーミーで優しい味わい。」

素直に「美味しい」と思う。

優しい豚骨の風味が口から鼻に抜けていい感じ。

家系ラーメンにしては柔らかく、風味豊かなスープ。

麺を一口。

f:id:majingourmet:20170221214404j:image

↑麺リフト。

中太麺がもちもちで美味しいですね〜。

このもちもちの中太麺が意外にもスープに絡んでいい感じ。

 

「ストレートにうまいっすね〜。」

 

チャーシューの味は強くないがスープとの相性がいい。

うずらは味付けされていないが、レンゲに乗せスープと一緒に食べると絶品である。

総合的にバランスのいいラーメンだと思った。

ファーストコンタクトでは高評価だ。 

f:id:majingourmet:20170221215016j:image

↑うずらリフト。

だが、食べ進むに連れて私に異変が起こった。

最初に優しくて美味しいと思ったこのラーメンだが、食べ進むに連れて、

「何か物足りない」

と思うようになってしまったのだ。

 物足りないとは、つまり、

 「パンチがない」

ということだ。

 家系ラーメンの魅力の、一つは「高い塩分」だ。

この高い塩分が脳内のエンドルフィンを全開にさせ、捕食者を中毒にさせる。

しかし、このラーメンにはそれがない。

塩分が優しすぎて私のエンドルフィンが全く出てこないのだ!

だから、中盤にかけて食べ進めると、優しすぎるスープに飽きてしまい、物足りない感じになってしまった。

とりあえず完食はしたが、どこか物足りなさを感じさせる一杯という印象だった。

総合的にはうまいと思うが、惹きつけるものは無かったラーメンでした。

決して不味くはないが、「萬来亭」には遠く及ばないですね。

ごちそうさまでした。

 f:id:majingourmet:20170221215722j:image

↑豚骨ラーメンとライス大180円。海苔にスープを浸してご飯に巻いて食べるとやはりうまい。

 

麺家神明 大府半月店

0562-44-3601

愛知県大府市半月町1-110