名古屋・愛知のサラリーマングルメ

愛知・名古屋のサラリーマングルメをこよなく愛する男のランチブログ

【招福軒】名店の美味しすぎる朝ラーメン|名古屋市西区

名古屋市西区に好来系の名店があると知り、前から行ってみたいと思っていた。

その名店が「招福軒(しょうふくけん)」である。

しかも、ここは朝からラーメン(朝ラー)が食べられると言う数少ない店だ。

 

駐車場がないので、近くのコインパーキングを利用するか、交通機関を利用していくことになる。

入るのに勇気がいる「招福軒」

f:id:majingourmet:20170520134223j:image

入るのに若干抵抗がある店構えは、名店の匂いがプンプンです。 

午前9時半前。

中に入ってすぐの食券機で大松(ダイマツ)900円を注文。

大松は、他の店で言うところのチャーシュー麺大盛りかな。

 

チャーシュー好きの私としては、評価の高いここのチャーシューを堪能しないわけにはいかなかったので、迷わず大松です。

食券を、買った後は空いているカウンター席に座り、食券を出す。

 

店主との距離が近すぎる「招福軒」

カウンターのみの店内だがこれが想像以上に狭い!

そして、高齢のオヤジや店員との距離が近い!

近接距離が苦手な人は多分耐えられないでしょう。

 

まあ、距離が近いのでラーメン作りがしっかりと観られるので私としては楽しいですがね。

しかし、噂には聞いていましたが白い粉末をワイルドに使ってますねぇ〜。

おそらく化調でしょうが、これがオヤジの目分量でドンブリにぶち込まれていきます。

化学調味料については、賛否両論ありますが、私は肯定派ですね。

 

もともとむかしからラーメンなんてそんなものだと思いますしね。

嫌なら無化調の店に行けばいい。

勘違いしてる人が多いですが、ラーメンはB級グルメです!

化学調味料使ってナンボです。

 

無化調だ、自然素材だのにこだわる領域のグルメではないのです。

美味ければ問題無し。

そんなことを自問自答しながらラーメン作りを目で追う。

そして、オヤジの見事な湯切りを堪能していると着丼。

「招福軒」の大松は王道中の王道

f:id:majingourmet:20170520132330j:image

大松900円。基本のスタイルですね!そそります。

 

ウホッ!

超うまそー!

肉厚のチャーシューに極太メンマとネギ。

f:id:majingourmet:20170520133804j:image

チャーシューとの調和を乱さないもちもちの中太麺

 

f:id:majingourmet:20170520133836j:image

程よく透明感のあるスープ

 

不味いわけがない。

いただきまーす!

「うまーい!」

 

懐かしい味ですよ。

チャーシューとメンマの味付けはラーメン店の王道。

決して外すことのない昭和の味。
とても好きな感じだ。

スープは塩気が効き、奥深い出汁がヤミツキ感を増大させている。

鶏ガラ、豚骨、魚介の奥深いコクがたまりません。

素直に美味い!!

ご飯が欲しくなったので追加注文!

f:id:majingourmet:20170520133027j:image

↑ごはん100円(漬物付き)。スープとご飯が合うんですよ。

ガッツリ食べているとカウンター上に自家製ラー油を発見。

入れないわけにはいきませんよね!

赤い粒を投入!!

f:id:majingourmet:20170520133311j:image

劇的にスープの味が変わり、また新たな世界へ!!

 

前の繊細なスープとは別れを告げますが、これはこれで美味しい。

ご飯にもさらに合います。

スープの一滴まで飲み干して完食。

ふぅぅぅ〜。うまかった。

 

席を立つ瞬間、自然に、

「うまかったです。」

と言葉が出た。

 

至福の一杯であった。

こんなに美味い醤油ラーメンは「一八(いっぱち)」(無化調ラーメン店)以来か!?

 

ごちそう様でした。

f:id:majingourmet:20170520134113j:image

カウンター店員の距離はかなり近い。

 

「招福軒」店舗情報

f:id:majingourmet:20170520134223j:image

【住所】愛知県名古屋市西区上名古屋3-8-13

【電話】052-531-2189

【営業時間】 8:30 〜 15:00

【定休日】 毎月2、7、12、16、20、26日

【席数】 9席 (個室・無、貸切・不可、完全禁煙)

【駐車場】 無(近くのコインパーキングをご利用ください)