名古屋・愛知のお得グルメランチ

愛知・名古屋のラーメン・定食・大盛り系のサラリーマンランチブログ

宮きしめんは熱田神宮にある美食スポット!名古屋市熱田区

f:id:majingourmet:20180530114739j:plain


私は、毎年熱田神宮を訪れ、今年一年の幸福と健康を願っています。

今日はこの熱田神宮の境内にある、美味しい名古屋めしを提供する美味グルメスポット

「宮きしめん 神宮店」

をご紹介します。

ここは、熱田神宮の境内にある簡易的な店舗と言った感じですが、意外にも

「美味しいきしめん」

を提供してくれるので、密かな人気店です。

 

宮きしめん神宮店の場所と駐車場

熱田神宮の境内は広く、緑豊かな熱田の杜となっています。

 

f:id:majingourmet:20180530114757j:plain

神社という神聖な場所なので、飲食店など無いものと思われるかもしれませんが、境内の休憩所近くには飲食店の「宮きしめん 神宮店」が存在します。

 

南側に位置する正門をくぐり、第二鳥居の付近に休憩所はあります。

f:id:majingourmet:20180530114758j:plain

 

店舗入り口付近には、宮きしめんの旗が立ててありますので、すぐわかるでしょう。

昼時ということもあって、続々とお店に入っていく参拝客が見られました。

 

f:id:majingourmet:20180530114732j:plain

 

宮きしめんへは、熱田神宮の南門駐車場に車を止めると少し歩きますが、西門の駐車場に車を止めればすぐに店舗まで辿り着けます。

 

熱田神宮の南門駐車場の様子です。( ↓ )

f:id:majingourmet:20180530114801j:plain

けっこう広い駐車場で60台ほど止められるようになっています。

 

熱田神宮には、他に東門、西門の駐車場があります。

東門駐車場には、約300台。

西門駐車場には、約40台の車が駐車できるようになっています。

 

宮きしめん神宮店の店舗はどんな感じ?

f:id:majingourmet:20180530114733j:plain

宮きしめん神宮店の店舗の造りは、簡単に言うと、サービスエリアやショッピングセンターのフードコートが屋外にある様な感じです。

f:id:majingourmet:20180530114735j:plain

注文方式は食券方式では無く、窓口に、並んで注文する方式になります。

 

f:id:majingourmet:20180530114736j:plain

流れとしては、まず窓口に並んで、食べたい物を注文します。

その後、会計、商品の受け取りを順に済ませ、各自で席に座るというセルフシステムです。

お茶も、商品受け取り口付近に置いてありますので、各自セルフでコップに入れてください。

f:id:majingourmet:20180530114749j:plain

 

 

席については屋根付きなので、雨でも大丈夫ですが、冬はそれなりに寒いです。

f:id:majingourmet:20180530114730j:plain

 

なお、個人的には、神聖な神社の境内で食事をするのは不思議な感じがしますが、この不思議な雰囲気は「宮きしめん神宮店」しか味わえないので結構気に入っています。

 

宮きしめん神宮店のきしめんを実食

f:id:majingourmet:20180530114739j:plain

 

今回、宮きしめんで注文したのは、

  • 宮きしめん 650円
  • おすましきしめん 700円

の2種類でした。

赤つゆのオーソドックスな「宮きしめん」と、白つゆという白醤油を使った「おすましきしめん」を食べ比べてみましたが、どちらも非常に美味しいです!

どちらのきしめんも、魚介の出汁と醤油の旨味が絶妙なバランスで、きしめんの麺自体もモッチリとして腰があり、小麦の美味しさを感じることができます。

きしめんは値段以上の美味しさですね。

ただ、今回久々に食べて思ったのは、数年前と比べると若干味が落ちてる様な気がしました。

その日の気温やお客さんの入り、作り手の微妙な加減で、少し味が変わっているのかもしれませんが、数年前に家族と初めて宮きしめんを食べた時の味より「若干酸味が強い」ように感じました。

 

宮きしめんを初めて食べた時は、そのあまりの美味しさに非常に感動しましたが、今回は美味しいとは思いましたが、少し酸味が邪魔してしまい、感動のレベルには至りませんでした。(あの時はかなり寒かったからかな?)

いずれにせよ、総じて美味しいきしめんではあります。

赤つゆ「宮きしめん」について

f:id:majingourmet:20180530114745j:plain

一般的な醤油ベースのきしめんになります。

赤く澄んだつゆを一口飲むと、カツオの風味が口の中に広がります。

f:id:majingourmet:20180530114747j:plain

醤油辛さや尖りは無く、まろやかな程よい塩加減で、このつゆがきしめんによく絡んでかなりの美味しさを発揮します。

f:id:majingourmet:20180530114743j:plain

きしめんの具材は、

  • 椎茸

f:id:majingourmet:20180530114752j:plain

  • ほうれん草

f:id:majingourmet:20180530114753j:plain

  • かまぼこ
  • 鰹節

 

  • 揚げ豆腐

f:id:majingourmet:20180530114750j:plain

  • 刻みネギ(お好みでセルフ)

 

という豪華な構成で、お好みで海老天などのトッピング(別料金)できます。

f:id:majingourmet:20180530114738j:plain

私が初めて食べたのは、この赤つゆの宮きしめんでした。

 

数年前、熱田神宮での参拝後に家族と何気なく立ち寄って食べたのですが、これがめちゃくちゃ美味かった。

今でもあの時の味は忘れられません。

白つゆ「おすましきしめん」について

f:id:majingourmet:20180530114746j:plain

出汁の美味さを感じる白醤油ベースのきしめんです。

 

f:id:majingourmet:20180530114748j:plain

つゆの色から薄口で出汁の味しかしないのかと思っていましたが、想像以上にしっかりと味付けされてます。

 

赤つゆより、やや優しい味ではありますが、白醤油や薄口醤油が結構効いてて美味しいです。

 

赤つゆの宮きしめんより、こちらの方が好みの方も多いと聞きましたが、なんとなくわかる気がします。

こちらのきしめんの具材は、宮きしめんと若干異なり、

  • 湯葉
  • 椎茸
  • ほうれん草
  • めかぶ
  • かまぼこ
  • 刻みネギ(お好みでセルフ)

f:id:majingourmet:20180530114754j:plain

となっています。

湯葉が美味しくて結構気に入ってしまいました。

 

白つゆも赤つゆに負けず劣らず美味しいきしめんです。

宮きしめん神宮店メニュー

f:id:majingourmet:20180530114731j:plain

宮きしめん神宮店のメニューは色々あります。

みそカツ丼や揚げ物も提供していますので、しっかりと食べたい人にも対応できます。

【宮きしめん神宮店メニュー】

  • 宮きしめん  650円
  • おすましきしめん 700円
  • 白海老かき揚げきしめん 800円
  • 天ぷらきしめん 900円
  • とろろきしめん 750円
  • かき玉きしめん 800円
  • 小盛宮きしめん 500円
  • 麺大盛 150円
  • 宮きしめん定食(コロッケとライスときしめん)950円
  • 熱田の杜セット(みそカツ丼ときしめん) 1050円
  • ライス 160円
  • 小ライス 100円
  • みそカツ丼 500円
  • みそカツ 300円
  • 飛騨牛コロッケ 300円
  • 名古屋コーチン串カツ 300円

 

宮きしめん神宮店のまとめ

f:id:majingourmet:20180530114737j:plain


熱田神宮にあるこの宮きしめん神宮店は非常にコスパの良い店だと思います。

神社の境内という静かな空間できしめんを食べられるのはここだけです。

お手軽に美味しいきしめんを食べたいならここがおススメです。

ごちそうさまでした。

 

宮きしめん神宮店 店舗情報

f:id:majingourmet:20180530114734j:plain

【住所】名古屋市熱田区神宮一丁目1番1号 熱田神宮境内

【電話】052-682-6340

【営業時間】 9:00~17:00(L.O.16:30)

【定休日】 年中無休