名古屋・愛知のお得なランチグルメブログ

愛知・名古屋のラーメン・定食・大盛り系のサラリーマンランチブログ

麺屋三郎の「肉そば」は、まさかのデカ盛チャーシューでした。愛知県一宮市

f:id:majingourmet:20190505104508j:image

今回は麺屋三郎という愛知県一宮市にあるラーメン店の記事です。

腹が減っていた時にたまたま見つけた麺屋三郎さんに立ち寄ってラーメンを食べました。

数日後にこの麺屋三郎さんは、以前、名古屋市中区の栄にあった有名店だったことを知りましたので、とりあえずご紹介しときます。

麺屋三郎を偶然にも発見

一宮市で所要を済ませるとランチタイムの時間になっていた。程よく腹も減り、この町で何か食べようかなと思いながら住宅街を走っていると、いきなりラーメン屋を発見。

「なんだここ?」

こんな辺境の地の住宅街に、一般民家を改造したラーメン店。

怪しさ全開である。

だが、お客さんがそこそこ入っていたので、とりあえず入店してみようと思い店内へ。

さてさて、どんなラーメンを提供してくれるのか。特に期待せずに入店して見ました。

麺屋三郎の店内へ

店内は結構綺麗でした。

テーブル席メインの広い店内は喫茶店を思わせるような雰囲気。

最近建て直したのか、オープンしたばかりなのか分かりませんが、とにかく店の中はとても清潔で好感度大。綺麗な店はいいですね!

↓麺屋三郎の店内はこんな感じです。

f:id:majingourmet:20190505112823j:image

注文方法については、券売機方式でした。

食券を買って店員さんに渡したら着席できますが、他店と違って食券を店員さんに渡すと、番号札を渡されます。

実はこの札が注文の品と交換できる重要なアイテムです。

麺屋三郎はかなりの部分がセルフ化されてて、この番号札に書かれた番号を呼ばれたら自分で注文したものを取りに行くシステムとなっているんです。

いわゆるスガキヤスタイルみたいな感じですね。

注文の品は出入口近くのカウンターに取りに行きますが、そこでサービス品の

  • 一杯無料のご飯
  • もやしのナムル(?)

などを盛り付けることもできます。

「うーん、食堂のようなラーメン屋だなぁ。」

と思って待っていると、自分の番号が呼ばれたのでラーメンを取りに行きます。

なお、この日、私はチャーシュー麺が食べたかったので人気のありそうな、

「肉そば」の細麺

を注文。写真ではレアチャーシューがいい感じだったので惹かれました。

ちなみに、基本料金の800円で大盛無料とのことだったので、迷わず大盛にしました。

麺屋三郎の肉そばは美しい!

カウンターで、肉そばを受け取った私は、ついでにもやしとご飯をゲット。

席に戻った私は、まじまじと肉そばを観察。

むっちゃ、いいフォルムじなゃないですか!

f:id:majingourmet:20190505114601j:image

チャーシューもデカイ!

おいおい、よく写真見てなかったけど、デカ盛チャーシュー系なのかい!

豚バラチャーシューのゴツイのがラーメンの上にドカッと乗って主張してますわ〜。

そして、それに対比するかの如く存在感あるのレアチャーシューが繊細に輝く。

f:id:majingourmet:20190505132119j:image

これは素晴らしいですねぇ〜。

見た目は100点あげれます。

麺屋三郎の肉そばの味は?

見た目は非常にグッドな肉そばですが、果たして味は?では早速頂いてみましょう。

というわけでいただきまーーす!

f:id:majingourmet:20190505131720j:image

「んっ?」

 

「マジで?」

 

「・・・。」

 

正直微妙だわぁ〜。

しかも、このラーメン全くパンチないやん!

これはいかんでしょ!

グッとくきて、病みつきになるような感じがないんです。

確かに魚介系の優しい風味と無化調ぽい味わいは素晴らしい。

しかし、見た目のスープの色と違って明らかに

「薄い!」

「物足りない!」

スープの味が薄すぎて、麺との調和が台無しになっている!

しかも、単純に薄いのではなくて、気が抜けた薄さ。

なんていうか表現しづらいんですが、あえて言うなら麺とスープぎチグハグな感じですね。

「もう一味あれば絶対に美味しくなるのに!」

っていう感じで、食べながらすごく歯痒いんです。

うーん…

ちょっと優し目に点数付けて78点かな。

麺の味は?

f:id:majingourmet:20190505160459j:image

麺自体の純粋な味は結構美味しいと思います。

自家製麺という文言通りの味わい深さで、小麦を感じます。

ですが、今回の肉そばの麺はコシが無かった。

時間が経って伸びてるのかな?

って思うくらいのダラダラさで、台無しでした。せっかく味わい深い麺なので、茹で方で損するのはもったいないですね。

チャーシューの味は?

f:id:majingourmet:20190505160504j:image

問題なくかなり美味しいと思います。

個人的には味がガンガンに染み込んでる濃厚な煮豚系チャーシューが好きなんですが、ここのチャーシュー(煮豚)はイケますね!

味は程よい塩味で、チャーシューの脂身をスープで溶かしながらゆっくりと頂くのがいいです。

それと、レアチャーシュー(真空チャーシュー)はしっかりした歯ごたえで、絶妙な塩味。

これも噛めば噛むほど豚肉の旨味が溢れてきます。「意外と歯ごたえのあるチャーシュー」というような感想で、噛むほどに美味。

全て完璧な逸品です。

このレアチャーシューはもっとたくさん食べたいですね!ホントに美味いっす。

バラチャーシューとレアチャーシューの2種類の美味しさを楽しめるのは贅沢ですよね。

ちなみにレアチャーシューをバラチャーシューに変更できるみたいです。(逆はダメ)

麺屋三郎のまとめ

総合的には、麺屋三郎の肉そばは、個人的には再チャレンジなしです。

でも、お客さんが結構入っているラーメン店なので、もしかしたら今回に限り失敗した可能性があります。

f:id:majingourmet:20190505202049j:image

作り手がたまたま「濃厚な三郎スープ」を出汁で割る比率を間違えてしまい、配合ミスしてるかもしれないので、普段は美味しかったりするかも?

もし、肉そばに興味を持った人は、麺屋三郎でチャレンジしてみてもいいかもです。

ラーメンは個人差もありますしね!

ごちそうさまでした。

麺屋三郎店舗情報

f:id:majingourmet:20190505205044j:image

麺屋三郎

【住所】愛知県一宮市三条字四反田79-5

【営業時間】昼 11:30-14:00

                      夜 18:30-21:30

【定休日】月曜日の夜・火曜日

【駐車場】有り(建物の前以外にも周辺に店の駐車場があり、そこに数台駐車できます。)

【その他】配膳、お冷などはセルフなので忘れないで下さい。