名古屋・愛知のランチグルメ

愛知・名古屋のサラリーマンのグルメランチブログ

台湾ラーメンの人気店【江楽】その実力とは|名古屋市守山区

名古屋市守山区に台湾ラーメンの激ウマな店があると聞きつけ、ランチに立ち寄ってみました。

店の名前は「ラーメン江楽(えらく)」

単調な味になりがちな台湾ラーメンという難しいジャンルをどう攻略してくるのか?

期待が膨らみます。

「ラーメン江楽」昭和な佇まいを醸し出してます

名古屋屋第二環状自動車道(通称302号線)大森インター南交差点から東に約500メートル、アルファロメオのディーラーの近くに「台湾ラーメン江楽」はあります。

f:id:majingourmet:20170625165228j:image
外観は昭和の中華料理屋という言葉がマッチしていますね〜。
建物の色あせ感がいい味出してます。

この感じの外観だと、過去の経験からして、当たればクリティカルヒットになる確率が高い。

非常に楽しみである。

 

私が店に着いたのは開店前の午前10時50分頃だった。

「江楽」は午前11時開店なので、普通の店より少し開店時間が早いにもかかわらず、既に駐車場には待ち客が数名スタンバイしていました。

この客の入りだと「台湾ラーメン」はかなりの人気商品のはず。

ドキドキしながら開店を待ちます。

開店と同時にカウンターが!

午前11時、「江楽」の開店と同時に一斉に待ち客が店に押し寄せた。

結構な人数の人達が次々と「江楽」に乗り込み、カウンター席だけしかない店内を埋め尽くす。

あっという間にカウンターが満席。

スゲーなみんな…。

そんなにここの店人気なんだ。

開店時の状況に驚いていた私は、あっけにとられながらも何とかギリギリでカウンターに座ることができた。

ふうっー、よかった。

開店と同時だったのに、あと少し遅ければ、座れないところでしたよ。

危なかった…。

おそるべし、「台湾らーめん江楽」の人気。

とりあえずカウンターに座ることができた私は、次の作業としてカウンターに置かれているメニューを見ながら食べるものを考える。

台湾ラーメンは確定しているが、もう一品食べたいところ。

悩んだ結果、王道のチャーハンと台湾ラーメンが同時に味わえる

  • 炒飯セット 980円

をカウンター内の店員にオーダー。

結局、鉄板メニューですね。

他のお客さん達も、私と同じメニューを頼んでる人が結構いました。

この人気振りだと味は間違いなさそうですねぇ〜。

期待を込めて着丼を待ちます。

f:id:majingourmet:20170625193918j:image

名物 肉めん(数量限定)ってのも気になりますねえ。

f:id:majingourmet:20170625193953j:image

初来店はやっぱり王道 炒飯+台湾ラーメン の 炒飯セットで。

f:id:majingourmet:20170625204822j:image

いくつかの調味料がカウンターにスタンバイしています。

「台湾ラーメン江楽」の実力

 

f:id:majingourmet:20170625194426j:image 

注文後は、ゆっくりと厨房を観察。 オープンキッチンなので、店員の動き、厨房の様子が嫌でも目に入ってしまう。  厨房内には三人の男性店員がせっせと自分の仕事を、行なっております。

店員さんたちは、黙々とチャーハンや、ラーメンを、機械的に作っているのですが、気になることがありました。

 

おかしいなとは思っていたのですが、店員に元気がないのです!

オープンキッチンのラーメン屋さんなんだから「もっと活気があってもいいのになぁ〜」と思っていると着丼。

ビジュアル的には結構雑な感じです。汗

f:id:majingourmet:20170625204448j:image

提供時間は遅めで、結構時間がかかったので期待したのですが、普通過ぎるフォルムに少しガッカリ。

ですが、本当の実力は食べてみないとわかりまん。

それではいただきまーす!

ラーメンを一口。

 

「うーん。普通すぎ!」

 

不味くはありません。

だが、ヤミツキになるようなラーメンでもありません。

あまりにも一般的な台湾ラーメン過ぎて、少しびっくりしてしまいました。

チャーハンもパラパラじゃなくて、ご飯の塊が…。

とりあえず、細かく感想を述べてみます。

「台湾ラーメン江楽」を辛口評価

「江楽」の台湾ラーメンを辛口評価

f:id:majingourmet:20170625205641j:image

具材は一般的な、ニラ、モヤシ、挽肉、唐辛子で、スープは動物系の醤油ベース。

辛さは今回普通にしましたが、辛くもできるみたいですよ。

ラーメンの味付けは、塩加減は程よく、濃過ぎず、辛さも普通で食べやすい台湾ラーメンと言った感じです。

ただ、それ故に特徴はなく、近所の中華料理屋さんと同じレベルになってしまうのが残念なところ。

麺もかんすい多めの黄色の縮れ麺で、スープには絡むが、麺に力はなく、まだまだ改良の余地はありそうです。

 f:id:majingourmet:20170625210232j:image

「江楽」の炒飯を辛口評価

チャーハンはダメですねぇ〜。

カウンター越しに見ていましたが、バットに作り置きのチャーハンが置いてあって、それをフライパンに入れて炒め直しているのが見えてしまいました。

それでも味は良いのかなと思い一口食べましたが、お世辞にも美味いとは言えず、残念な感じでした。

塩加減はいいのですが、

「とにかくご飯が固まり過ぎで非常に油っぽい。」

というのが率直な感想でした。

比較して申し訳ないが、これならチェーン店の「うま屋のチャーハン」の方が10倍おいしいですね。

今後はもっと改良を加えておいしいチャーハンを作ってもらいたいと思います。

f:id:majingourmet:20170625211317j:image

プロっぽさ控え目、パラパラ感のないちょっとかたまりのある炒飯

「台湾ラーメン江楽」総合辛口評価

台湾ラーメンは、普通に食べられますが、チャーハンはかなり残念な結果となってしまいました。

味とコスパを考えると、なぜこれだけ人気のあるラーメン屋なのか理解できません。

個人的には、積極的な再訪は無いかなと思います。

たまたま、近くを通りがかったら台湾ラーメンだけ食べに言っても良いかなとは思いますが、遠出してまで食べる所では無いかなと思いました。

あくまで個人的な感想ですけどね!

お腹は充分一杯になりました!

ごちそうさまでした。

「台湾ラーメン江楽」店舗情報

f:id:majingourmet:20170625212517j:image

[住所] 名古屋市守山区太田井7-10

[電話番号] 052-726-5833

[営業時間]  11:00~15:00 17:00~22:30(L.O) [
定休日]  月曜日(祝日の場合は翌日)

f:id:majingourmet:20170625215019j:imagef:id:majingourmet:20170625215314j:image

こんなスタンプカードがもらえます。500円でスタンプ一回押してもらえますよ。