グルメ大魔神

愛知・名古屋の食べ歩きランチブログ

人気ラーメン店「一刻屋」の台湾まぜそば|名古屋市中区

愛知・名古屋のランチブログ「グルメ大魔神」へようこそ!

今日のランチは何にしようかな?最近ちょっとメタボ(ぎみ)なので身体のことを考えてヘルシーランチにしようかなと思ったりするんですが・・・。

 

だめですね・・・

美味いもの(特にラーメン)には目がない私です。

というわけで、こんなうわさを聞きつけて行ってきましたよ。

 

名古屋市中区にある鶴舞公園には「どえりゃ〜美味い!」と評判のラーメン屋があるらしい、と。

しかも、そこの台湾まぜそばは絶品らしい。

台湾まぜそば!?」

そう聞いた瞬間、まぜそば中毒の私が行かないわけにはいかないでしょう!

 

うまい台湾まぜそばを求めて、日曜日(急に仕事になった泣)のランチタイムに人気ラーメン店「一刻屋(いっこくや)」に向かった!

鶴舞のガード下には一刻屋行列が!

f:id:majingourmet:20170625112033j:image

JR鶴舞駅のガード下、鶴舞の交番の真裏にある「一刻屋」に着いたのは、正午を少しすぎた頃だった。

日曜日のお昼、ゴールデンタイムだったのでガード下には行列ができてました。

私の前には8人くらいの待ち客がいます。

 

久々に並んでいると、途中で店員さんが店から出てきて、

「食券買ってない人は先に食券を買ってもとの位置に戻って下さい!」と、一言。

 

店員さんの指導のもと、店内の食券機に進む。

オーダーは既に決まっている。

  • 台湾まぜそば  830円(メタボまっしぐらなメニューだぜ!)

それに、定番の

  • ごはん. 100円(白飯さいこー!)
  • 味玉 100円(黄身に夢中) だ。

まぜそばを食べる時はこのセットがたまらないんだよな。

 待ちに待った「一刻屋」へいよいよ入店

f:id:majingourmet:20170625115232j:image

待ち時間二十分程度で入店できました~。

「これぐらいで入店できるなら運が良かったな」

と思っていると、何と中待合もあることが発覚!さらに待つことに…。

 

店内の座席はカウンターのみ13席という小さな店なので仕方ない。美味しい台湾まぜそばにありつくためには必要な試練だな。

 

食券を店員さんに渡して、無料でまぜそばを大盛り(やった!)にしてもらい、ひたすら待ち続けること15分。

 

ようやくカウンターに座ることができました。

あとは台湾まぜそばが到着するのを待つだけだ。カウンターにあるものを観察しよう。

見渡してみると、カウンターには多数の調味料が置かれて、その種類の多さにビックリです。

ここまで調味料が充実してるラーメン屋はなかなかないですねぇ。すばらしいです。

f:id:majingourmet:20170625115125j:image

  •  ラー油
  • コショウ
  • マヨネーズ
  • カレー粉
  • すりごま
  • 山椒

等、いろんな好みに対応できる調味料が揃ってるのでうれしいですね!

着丼が待ちきれません!

ここで、ちょっとまぜそばの楽しみ方を紹介。

f:id:majingourmet:20170625120741j:image

ついでに、豊富な調味料の楽しみ方も紹介。

こういうふうに記載があるのっていいね!店側の気づかいを感じます。

f:id:majingourmet:20170625120803j:image

新感覚!「一刻屋」の台湾まぜそばがついに着丼!

カウンターに座って待つこと3分。(まだかな?まだかな~?♪)

食券をあらかじめ渡す方式のおかげでストレスのない待ち時間で登場しましたよ、こいつが!!

f:id:majingourmet:20170625120906j:image

美しい台湾まぜそばです!

このフォルム!やっぱり中毒患者には眩しいわ!

ひたすらうまそうですよ!

 

のり、ネギ、ニラ、魚粉

それに輝く卵黄。

テンションが高くなる切断面の味玉。

完璧。

この完璧な台湾まぜそばを頂きましょう!

 

いただきまーす!

 

よーく混ぜて、混ぜて、具材と麺が均一になったら、握力で麺を持ち上げ、ガッツリ食らいつきます!!

 

「うほっ!うまぁーーーーーい!!」

 

これは新感覚だわー。

濃厚なのにサッパリしてますなぁー。

「麺屋はなび」の台湾まぜそばとは一線を画す味付けで、驚きましたわ。

 「一刻屋」の台湾まぜそばを分析してみる

f:id:majingourmet:20170625122246j:image

混ぜるとね、見た目微妙になるけどね。味は絶品よ~。

「一刻屋」の台湾まぜそばの味付けを分析

酢が強いのか酸味があり、和風魚介系の出汁も相まって意外とサッパリしています。

クドさはなくスルリといけます。
「麺屋はなび」の濃厚なまぜそばをイメージして食べると全く違うものなので、舌がビックリしますよ。(私はファーストブレイクでかなり衝撃を受けました)

尚、濃厚好きの方には海老油というものを無料でかけてくれるらしいので、そちらを試してみるのもいいかも。

「一刻屋」の台湾まぜそばの麺を分析

f:id:majingourmet:20170625124902j:image

中太のツルシコ麺で喉越しはよく、コシもあって茹で加減はよい。

歯応えも充分で、太さ味共にタレと良くあっているイメージ。

麺自体の味も強く甘みのある麺でしたね。

美味しいっす!

「一刻屋」の台湾まぜそばの具材を分析

f:id:majingourmet:20170625124845j:image

まぜそばの具材は、一般的な、ニラ、ネギ、ひき肉、卵黄、魚粉という構成です。

それぞれ素材の旨みを感じますが、個人的には台湾ミンチが残念。

挽肉自体の味付けは悪くないのですが、固まっててパラパラ感がありません。

これは良くないですねぇ。

麺と混ぜにくい上に一体感をそこないますからね。

個人的な改善点ですが、中にはこの塊具合がいいという人もいるかもしれませんね。

「一刻屋」の台湾まぜそばの追い飯を分析

画像は、見た目が美しくないので、ちょっと省略です。

これが別料金というのが非常に残念です。

大盛りが無料なのはありがたいですが、どちらかというと追い飯を無料にしていただきたいと思います。

ここを利用した数々の友人知人の感想からもそういう声が聞こえます。

尚、今回は自分でライスを買って追い飯として使用しましたが、雑炊というメニューがライスの他にあります。

こちらは雑炊ご飯に醤油か味噌のスープを足してもらえるみたいです。

「一刻屋」の台湾まぜそばのボリュームを分析

大盛りが確か400グラムと聞きました。

普通サイズのライスと合わせるとかなり腹満タンになります。

充分なボリュームがあり、普通の胃袋を持っている人はライスを頼む場合普通で充分でしょう。

大食いの人は大盛りがいいでしょう。

満足できるボリュームです。

「一刻屋」の台湾まぜそばの味玉を分析

f:id:majingourmet:20170625125314j:image

甘めの味付けがされており、美味しく頂きました。

私はまぜそばで味玉を食べる場合は、追い飯時に潰しながら食べるのですが、この食べ方によく合いましたよ。

「一刻屋」の台湾まぜそばのまとめ

味、コスパ、サービスを含め、再訪ありです。

ただし、あくまでも近くに店があったらという条件付きです。

「一刻屋」はうまいですよ!

 

でも、個人的には「麺屋はなび」の方が美味しいというか、あの味がスタンダードだと思っているので、「台湾まぜそば食べたいなぁ。」と思っても遠くからわざわざこの店には行かないと思います。

おすすめはおすすめなので、一度行ってみるといいですよ。

 台湾まぜそばの関連記事

majingourmet.hatenablog.com

「一刻屋」店舗情報

 f:id:majingourmet:20170625130503j:image

[住所] 名古屋市中区千代田5-24-1
[電話番号] 052-252-2298
[営業時間] 
[月~土] 11:30~15:00 16:30~23:30(L.O.23:15)
[日・祝] 11:30~15:00 16:30~22:30(L.O.22:15) 
[定休日] 無休