名古屋・愛知のお得グルメランチ

愛知・名古屋のラーメン・定食・大盛り系のサラリーマンランチブログ

サラリーマンのランチ事情

f:id:majingourmet:20171020123340j:image

サラリーマンのランチ代平均金額は590円です。

590円ってけっこう厳しいです。

これじゃ、毎日外食ってわけにはいきません。

 

サラリーマンにとって日々の昼食は、仕事中の楽しみのひとつでもあります。

美味しいものを食べて英気を養い、午後の仕事へのやる気を充電する時間でもあります。

 

ところが、その昼食にかけられる予算は、悲しいかな。たったのワンコイン程。

限られた予算の中で、サラリーマンたちは、いったいどんなランチを食べているのでしょうか?

サラリーマンのランチ事情

サラリーマンのランチの内情を見てみましょう。

 

弁当を持参する人=34.3%

弁当を購入する人=22.1%

社員食堂を利用する人=18.6%

 

という結果です。

 

majingourmet.hatenablog.com

 

優雅に外食を楽しめるサラリーマンは、わずか16.2%ということです。

たったの16.2%!

しかも、予算はたったの590円!

 

この590円という昼食代とはいったいどんな内容なのか見てみると・・・。

 

すき家や吉野家の「牛丼」、松屋の「牛めし」や丸亀製麺の「釜玉うどん」、ほっかほっか亭の「のり弁当」などといった、激安外食ランチ。

 f:id:majingourmet:20171020123340j:image

また、コンビニやスーパーのおにぎりやパン。

 

といったように、ただ腹に入れて、食すのみというものが多い。

もはや、仕事中の息抜きでも、楽しみでもない。

 

ちょっと腹が満たせればそれでよし。

一日を生き抜くためのただの作業といった感じだ。

 

これもある意味正しい。

 

息抜きは仕事を終えてからすればいい。

帰宅してから、ゆっくり美味しいご飯を食べればいいのだから。

 

サラリーマン持参弁当の言えない内情

最近は、数少ない外食組だった私も、弁当を持参することが増えてきた。

 

そんな私の口癖は

「弁当作ってくれるなら、なんでもいい」だ。

 

ただ、腹が満たされれば何でもいいのだ昼食は。

以前のように、外食を楽しむことが少なくなったせいかもしれない。

 

外食のときにはあった「今日はどこで、何食おう?」といった弾んだ気持ちがないのだ。

こんなことを妻に言ったら、怒られるかもしれないが、わくわくして弁当を楽しむ気持ちにはあまりなっていない。

 

妻にしてみても、冷食弁当は簡単で助かるらしいし、互いの利益は一致している。

 

もしかしたら、弁当の質が上がれば楽しめるのだろうかと思うこともあるが、そんなこと口が裂けても言えない・・・。

 

冷食だらけの弁当でも作ってくれるだけありがたい。

これは本音だ。

妻には感謝している。

 

おかげで、月20000円~のお小遣いは自分の好きに使えるのだから。

弁当様様だ。