名古屋・愛知のお得グルメランチ

愛知・名古屋のラーメン・定食・大盛り系のサラリーマンランチブログ

万楽の特大ラーメンは薬膳系の懐かしい美味しさ!名古屋市西区

f:id:majingourmet:20170223123240j:image

名古屋市西区に「万楽(まんらく)」という薬膳系の美味しいラーメン屋があると知人の間で有名でした。

 

老舗のラーメン店で、以前は とかち麺工房(株)から「万楽」とんこつしょうゆ味のカップ麺が販売されていました。

とかち麺工房の事業停止に伴い販売は中止されたようです。

現在は、「万楽」さんからとんこつしょうゆらーめんが販売されています。ホームページから注文できるようです。

 

万楽の特大モニュメントに常連たちが群がる!

そんな有名なラーメン店があるなら、いずれ行ってみたいと常々憧れていたが、ある夜にそのチャンスが巡って来た。

というわけで老舗ラーメン店の「万楽」に初訪問。

f:id:majingourmet:20170223093418j:image 

万楽には休日の午後7時過ぎに到着。

駐車場は店の南に隣接しており、広く駐車しやすい。

ストレス無く車を止めた私と同僚が店の前に歩を進めると、とんでもないモニュメントに出会った。

「なんじゃこりゃ!」

f:id:majingourmet:20170515153718j:image

特大のラーメンが店の前に!

しかも麺が上下してます!!

 

驚きましたよ。

こんな昭和チックな仕掛けが店頭にあるとは思いませんからね〜。

遊び心があっていい感じ。

この特大モニュメントで「ホットな気分」になりながら入店すると、入ってすぐ左側に券売機があったので迷わずボタンをポチッ!

 f:id:majingourmet:20170223094826j:image

「万楽麺」が「ラーメン」という名前になってます。 

オーダーはもちろん、

  • チャーシュー麺特大 920円
  • 煮たまご (100円)トッピング

同僚も私に負けじと同じものを注文。

 

実は、この万楽の特大というのは、麺3玉分の量があり、凶悪なボリューム。

ラーメン特大の量は、そこらの大盛り店に引けを取りません。

サイドメニュー無しでも、十分満足できる量です。

 

今回、我々は、単に万楽のラーメンを味わうことだけが目的ではなかった。

特大というラーメン会の大物を制覇するというミッションも達成しに来ていたのだ。

 

だからここで逃げるわけにはいかない!

特大をサクッと注文!

3玉ごときに負けるわけにはいかないのです!

 

我々は食券を買った後、カウンターに通され、特大が現れるのを待った。

カウンターからはキッチンの様子が見える。

我々の注文が通ると同時に、棚の上には見たこともないような巨大な丼ぶりが置かれた。 

洗面器より大きな万楽の特大ラーメン丼ぶり

もうすぐこの巨大な丼ぶりで「特大ラーメン」が誕生するようだ。

店員達の動きにはまったく無駄がなく、流れるような動きで特大ラーメンを仕上げていく。

洗面器を越えるほどの大きさの丼ぶりに返しのタレが入れられる。

スープが入り、ざる2杯分の麺が投入される。

最後にネギやワカメ、煮卵、チャーシューが麺の上に並べられていく。 

5分程して、麺3玉分の特大ラーメンが完成した。

 

素晴らしい技だ。

 

完成と同時に誕生したモンスター級の特大ラーメンが我々のカウンターに

「ドカッ!」

と置かれた。 

f:id:majingourmet:20170223123240j:image

チャーシュー麺特大、煮たまごトッピング。

煮たまごの大きさでドンブリの大きさが分かりますね〜。

 

f:id:majingourmet:20170223123240j:imagef:id:majingourmet:20180125112454j:plain

 参考に、煮卵の大きさを同じくらいにして、他の普通のラーメン丼ぶりと並べてみました。

この特大ラーメンの大きさわかりますか?

 

「デカっ!」

こうして目の前に置かれるとそのデカさが分かる。

 

一瞬、「食べきれるか?」と不安がよぎったが、突き進むのみ!

いただきまーす!

万楽の特大チャーシュー麺

「ぷはぁ!う〜んっ、うまいねぇー。」

格別おいしいラーメンという訳では無いが普通以上にうましっ!!

それに、どこか安心できる味だ。

どこかで食べたことがある懐かしい味。

チャーシュー麺のスープと麺

f:id:majingourmet:20180125113501j:plain

スープの見た目は濃厚そうな色だが、味は意外とあっさりで塩分はそれほど強くなく、コク深い。

一言で表現すると、コクがあって薄い味噌ラーメン的なスープ!って感じだ。

しかし、一口スープを飲むとまた飲みたくなるような、止まらないスープでもある。

個人的には若干薄く感じるが、十分合格点は取れてます。

ただ、自家製の中細縮れ麺には、スープがあまり絡みません。

スープの濃さにマッチせず、麺の味が強すぎる印象を受けました。

 

f:id:majingourmet:20170223141730j:image

麺自体は味が深く、歯応えはプリプリ。

スープに長時間浸かっててもノビが少なく、非常に美味しい。

だが、このスープと合わせるならもう少し細麺にした方がいいと思いましたね。

 

チャーシュー麺のチャーシュー

f:id:majingourmet:20170223142232j:image

チャーシューは、甘めの味付けがしっかりしてていいですね。

チャーシューはかなり美味しいので、もう少しぶ厚めのチャーシューを試してみたい感じ。

味玉、シナチク、ワカメは一般的で特徴無し。

 

f:id:majingourmet:20180125113956j:plain

万楽のチャーシュー麺を食べた感想のまとめ

全般的に平均点以上の庶民的なラーメンかな。

そうそう、今思い出したけど、このスープはサッポロ一番 味噌ラーメンのスープに似てますわ!

だから、どこかで食べたことがある味だと思った訳ね。

万楽は豚骨醤油ラーメンだけど、味噌ラーメンに感じてしまうのは不思議だ。

不思議な現象だが、私的には似てると思います。

サッポロ一番味噌ラーメンのスープをコク深くして、出汁で薄くするとこんな感じかな。

 

美味しいだけでなく、昭和の懐かしい味がするラーメンです。

私は近所に万楽があったら間違いなく通いますね!

そんなこと考えながら、箸を進めてるといつの間にか特大を完食。

さすがにスープ完飲みまでは無理でしたが、大勝利と呼べるぐらいまでは飲みました。

箸が止まらない美味しさと食べやすさで意外と早く完食しました。

特大3玉楽勝です!!

ごちそうさまでした。

万楽ラーメンのちょこっとメニュー

ラーメンのお供に、また箸休めにあるとうれしい。

豆板醤と定番のカリカリ梅です。

f:id:majingourmet:20180125114745j:plain

f:id:majingourmet:20180125114843j:plain

豆板醬は、ラーメンに入れて、味の変化を楽しめます。

最初から入れるよりも、途中から入れて、2種類の味を堪能したいですね。

定番のカリカリ梅。

ほどよい酸味が万楽のラーメンによく合います。

 

名古屋のおいしい薬膳系ラーメンの食べられる店( ↓ )

majingourmet.hatenablog.com 

中華そば万楽 店舗情報

f:id:majingourmet:20180125115426j:plain

【電話】052-531-0221
【住所】愛知県名古屋市西区江向町3-72 エイトビル 1F
【アクセス】地下鉄・庄内通駅から570m
【営業時間】11:00~24:00
【定休日】月曜日(祝日の場合は翌日火曜日が休業日)
【席数】21席(4人家族向けのボックス席あり・完全禁煙)
【駐車場】あり(店南に6台、北側に2台)