名古屋・愛知のサラリーマングルメ

愛知・名古屋のサラリーマングルメをこよなく愛する男のランチブログ

名古屋市西区のラーメン屋【万楽】の懐かしい味

名古屋市西区に「万楽(まんらく)」という薬膳系の美味しいラーメン屋があると知人の間で有名でした。

 

老舗のラーメン店で、以前は とかち麺工房(株)から「万楽」とんこつしょうゆ味のカップ麺が販売されていました。

とかち麺工房の事業停止に伴い販売は中止されたようです。

現在は、「万楽」さんからとんこつしょうゆらーめんが販売されています。ホームページから注文できるようです。

 

中華そば「万楽」の巨大モニュメント

そんな有名なラーメン店があるなら、いずれ行ってみたいと常々憧れていたが、ある夜にそのチャンスが巡って来た。

というわけで老舗ラーメン店の「万楽」に初訪問。

f:id:majingourmet:20170223093418j:image

 

万楽には休日の午後7時過ぎに到着。

駐車場は店の南に隣接しており、広く駐車しやすい。

ストレス無く車を止めた私と同僚が店の前に歩を進めると、とんでもないモニュメントに出会った。

「なんじゃこりゃ!」

f:id:majingourmet:20170515153718j:image

巨大なラーメンが店の前に!麺が上下してます。

 

驚きましたよ。

昨今、こんな昭和チックな仕掛けが施されてるとは思いませんからね〜。

だが懐かしい感じでステキです。

遊び心があっていい感じ。

このモニュメントで「ホットな気分」になりながら入店すると、入ってすぐ左側に券売機があったので迷わずボタンをポチッ!

 f:id:majingourmet:20170223094826j:image

万楽麺がラーメンという名前になってます。

 

オーダーはもちろん、

  • チャーシュー麺特大 920円
  • 煮たまご (100円)トッピング

同僚も私に負けじと同じものを注文。

 

実は、この万楽の特大というのは、麺3玉分の量があり、凶悪なボリューム。

よって、ラーメン特大を注文すれぼ、万楽は大盛店に早変わりしてしまうのです。

今回、我々は単に万楽を味わうだけではなく、同時に特大を制覇するというミッションも達成しに来ている。

 

だからここで逃げるわけにはいかないので、特大をサクッと注文。

3玉ごときに負けるわけにはいかないのです!

我々は食券を買った後、カウンターに通され、特大が現れるのを待った。

カウンターからはキッチンの様子が見えるが、我々の注文が通ると同時に、棚の上に置かれていた見慣れない巨大な皿。

 

洗面器より大きならーめん丼ぶり

もうすぐこの巨大な丼ぶりで「モンスターラーメン」が誕生するようだ。

そして、そのモンスターを作る店員達の動きには無駄がない。

流れるような動きでモンスターラーメンを仕上げていく。

洗面器越えのドンブリに返しのタレが入れられ、次にスープが入り、ザル二杯分の麺が投入されると、最後にネギやワカメ、煮卵、チャーシューが順に乗せられていく。

 

程なくして、モンスター完成。

 

3玉といえど五分程度で完成した。

素晴らしい技だ。

さあ、いよいよだ。

完成と同時に誕生したモンスターが我々のカウンターに

「ドカッ!」

と出された。

 

f:id:majingourmet:20170223123240j:image

チャーシュー麺特大、煮たまごトッピング。煮たまごの大きさでドンブリの大きさが分かりますね〜。

 

「デカっ!」

こうして目の前に置かれるとそのデカさが分かる。

一瞬、「食べきれるか?」と不安がよぎったが、突き進むのみ!

いただきまーす!

 

「ぷはぁ!う〜んっ、うまいねぇー。」

 

飛び抜けて美味しい訳では無いが普通以上にはうましっ!!

それに、どこか安心できる味だ。

どこかで食べたことがある味。

見た目は濃厚そうな色だが、味は意外とあっさりで塩分はそれほど強くなく、コク深い。

一言で表現すると、コクがあって薄い味噌ラーメン的なスープ!って感じだ。

しかし、一口スープを飲むとまた飲みたくなるような

「止まらないスープ」

でもある。

個人的には若干薄く感じるが、十分合格点は取れてます。

ただ、自家製の中細縮れ麺には、スープがあまり絡みません。

スープの濃さにマッチせず、麺の味が強すぎる印象を受けました。

f:id:majingourmet:20170223141730j:image

↑麺リフト。

麺自体は味が深く、歯応えはプリプリ。

スープに長時間浸かっててもノビが少なく、非常に美味しいのですが、このスープと合わせるならもう少し細麺にした方がいいと思いましたね。

チャーシューに関しては、甘めの味付けがしっかりしてていいですね。

チャーシューはかなり美味しいので、もう少しぶ厚めのチャーシューを試してみたい感じ。

味玉、シナチク、ワカメは一般的で特徴無し。

f:id:majingourmet:20170223142232j:image

↑チャーシューリフト。

f:id:majingourmet:20170223152435j:image

↑煮たまご。

 

 全般的に平均点以上の庶民的なラーメンかな。

そうそう、今思い出したけど、このスープは

サッポロ一番 味噌ラーメン

のスープに似てますわ!

だから「どこかで食べたことがある味」だと思った訳ね。

万楽は豚骨醤油ラーメンだけど、味噌ラーメンに感じてしまうのは不思議だ。

不思議な現象だが、私的には似てると思いまっす。

サッポロ一番味噌ラーメンのスープをコク深くして、出汁で薄くするとこんな感じかな。

(あくまで私見です…ごめんなさい。でも似てると思ったので…。)

f:id:majingourmet:20170223152103j:image

色々勝手なこと言ってきましたが、美味しいことは美味しいので、万楽のラーメンを食べてない方は是非名古屋市西区の「万楽」へ食べに行ってください。

 

懐かしい感じの味ですよ。

私は近所に万楽があったら間違いなく通いますね!

そんなこと考えながら、箸を進めてるといつの間にか完食。

さすがにスープ完飲みまでは無理でしたが、大勝利と呼べるぐらいまでは飲みました。

美味しかったので時間もかからず、意外と早く完食できるんですね。

3玉楽勝!!

美味しかったです!ごちそうさまでした。

 f:id:majingourmet:20170223152037j:image

↑豆板醬もあるので変化を楽しめます。

f:id:majingourmet:20170223152126j:image

↑定番のカリカリ梅もありました。

 「中華そば万楽」店舗情報

f:id:majingourmet:20170223112732j:plain

 

予約・問合せ 052-531-0221
住所 愛知県名古屋市西区江向町3-72 エイトビル 1F
交通手段 地下鉄・庄内通駅から570m
営業時間 11:00~24:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日火曜日が休業日)
席数 21席(4人家族向けのボックス席あり・完全禁煙)
駐車場 あり(店南に6台分、北側に2台のスペースあり交通量が多いの為、出られる際はご注意ください。)