名古屋・愛知のお得なランチグルメブログ

愛知・名古屋のラーメン・定食・大盛り系のサラリーマンランチブログ

銀のくらの激ウマ辛味噌にんにくバターラーメン!名古屋市東区

f:id:majingourmet:20180626144439j:image

「銀のくら」の味噌ラーメンが異常に食べたくなってしまった。

銀のくら独特の

「あのヤミツキスープ」

の味を思い出すと居ても立ってもいられない。

この衝動を抑えきれなくなった私は、久々に「銀のくら」へ行ってきました!

 

銀のくら到着!

車を近くのコインパーキングに駐車して銀のくらへ向かう。

f:id:majingourmet:20180626144308j:imagef:id:majingourmet:20180626144603j:image

時間は午後0時前。

昼時なので、相変わらず店舗の前にはお客さんが並んでいましたが、それほど待つこともなく入店。

f:id:majingourmet:20180626151631j:image

カウンターのみのコンパクトな店内はお客さんで混雑してました。

f:id:majingourmet:20180626144733j:image

狭い店内にギッシリ詰まってます!

やはり「銀のくら」はすごい人気店ですね。

客層はサラリーマンが多いですが、中には若い女性や老夫婦もいました。

それらのお客さんは、全員人気味噌ラーメンをガツガツ食べてます。

f:id:majingourmet:20180626151723j:image
f:id:majingourmet:20180626151726j:image

銀のくらで発見したにんにくバターラーメン

混雑する店内を進み、カウンターの一番奥の席に座った私は、メニューを一読。

f:id:majingourmet:20180626145108j:image
f:id:majingourmet:20180626145114j:image
f:id:majingourmet:20180626145111j:image

さて、何にしようかなと思っていると、美味しそうな味噌ラーメンを発見!

そのラーメンの名前は、

「にんにくバターラーメン」880円

f:id:majingourmet:20180626150439j:image

にんにくという言葉だけでうまい以外ありえない。

迷わずこのにんにくバターラーメンに決定。

スープは純味噌と辛味噌が選べますが、もちろん辛味噌を選択。

ピリッとしたアクセントは食欲をそそります!

このラーメンに合わせてライスもチョイス。

ランチタイムはライス中盛120円になりますし、味噌ラーメンにはライスが合います。

特に銀のくらのスープにはライスがベストマッチしますから、絶対に欠かすことはできません。

また店内にも、

「ライスがないとつライッス!」

というナイスな標語が書かれていましたので、頼まない訳にはいかんでしょう!

ということで、にんにくバターラーメン辛味噌とライスを早速店員さんへオーダー。

着丼を待ちます。

f:id:majingourmet:20180626150545j:image

銀のくらの辛味噌にんにくバターラーメンを実食

注文後、待つこと10分かからず着丼。

キタキタキタァー!

この濃厚そうなスープの色が素晴らしい。

香ばしい味噌の香りが鼻を刺激します。

それに見た目もいい感じ!

f:id:majingourmet:20180626150231j:image
f:id:majingourmet:20180626150228j:image

角切りバター、ネギ、なると、海苔、チャーシューの配置が黄金比で見るだけで美味しそうなオーラを出してます。

刻みニンニクがラーメンの上に乗っておらず、別皿で提供されているのは少し残念ですが、とりあえずそのニンニクをぶち込んでいただきます!

まずは、スープを一口飲む。

 

「かぁー!いいね!」

 

やっぱりうまいよ!銀のくらの味噌ラーメン!

味噌の芳醇な味わいが口の中一杯に広がって、ほのかなピリ辛さが後を引きます!

それと、ニンニクの風味が溶けたバターとの相性抜群です。

疲れた体に熱々のスープが染み渡る感じがいいですね!

f:id:majingourmet:20180626151543j:image

銀のくらのニンニクバターラーメンを分析

辛味噌スープ

f:id:majingourmet:20180626150629j:image

スープの色そのままで、濃度は濃い目です。

味噌の芳醇な香りと甘味を感じる舌触りの良いスープで、旨味が凄いです。

辛味噌のピリッと感が中毒性を加速させ、我々を無限地獄へと引きずり込むのです。

さらに、このスープが溶けたバターと絡むことで、また一段と重厚感が増し、ライスとよく合いすぎるスープへと変貌を遂げるのです。

f:id:majingourmet:20180626150829j:image

ちなみに、麺に絡むのは当たり前!

まさに激ウマ味噌スープです。

f:id:majingourmet:20180626150746j:image

中太の縮れ麺で、スープに絡みまくりです。

口の中に入れるとプリプリ弾け、噛むほどに味噌スープとミックスし、小麦と味噌のハーモニーを感じることができ、極上の時間を与えてくれます。

この麺は、スープの為にあるような麺ですね!

よく考えられていると思います。

うまい麺です。

チャーシュー

f:id:majingourmet:20180626151248j:image

厚さ5ミリ程度で、おそらく豚バラチャーシューで若干柔らか目に仕上げてあります。

チャーシュー自体の味付けを楽しむというより、スープの付加価値として食べるチャーシューですね。

例えば、

  • スープとライスを食べる時にチャーシューも口に入れる
  • スープのよく絡んだ麺と一緒に食べる

というような感じで味わうと非常に美味しくいただけます。

メンマ、ナルト、海苔、ネギ

f:id:majingourmet:20180626151009j:image

それぞれ、標準的は物が使用されていますが、海苔だけは相変わらず微妙。

メンマの歯ごたえはいい感じで、ネギの量は適正、ナルトは飾りとして申し分なし。

f:id:majingourmet:20180626151322j:image

ただし、これらの具材は全て、チャーシュー同様にスープの価値を高める材料として楽しむものだと私は思っていますので、単品で味わうのでは無く、全てスープに絡めていただくと美味しく食べられます。

コスパ

f:id:majingourmet:20180626151840j:image

正直、コスパは少し低いですね。

ラーメンはかなりうまいのですが、麺のボリュームがないです。

ライスを食べること前提にボリュームが調整されているのか、ラーメン単品だと少し物足りません。

だからと言って、大盛(130円)、ライスを付けると余裕で1000円越えしてしまいます。

もう少し、ボリューム面を改良して欲しいところであります。

f:id:majingourmet:20180626151431j:image

銀のくらのまとめ

今回もかなり美味しく頂けました。

辛味噌ニンニンバターラーメンは、1番人気のメニューだけあってヤミツキ感がハンパなかったです!

やはり、ここの味噌ラーメンはレベルが高いですね。

愛知に数ある味噌ラーメン屋あれど、ここの味噌ラーメンはベスト3に入るほど美味いと思います。

まだ銀のくらの味噌ラーメンを食べていない方はら是非一度お試しください。

ごちそうさまでした。

 

銀のくらの辛味噌ラーメンの記事はこちら( ↓ ) 

majingourmet.hatenablog.com

 

銀のくら店舗情報

f:id:majingourmet:20180626145408j:image

【電話】 052-971-0084
【住所】名古屋市東区泉1-6-20 ライフビル1F
【駐車場】 無し(近くにコインパーキング有り)
【営業時間】

   月曜~土曜 11:00 〜 14:00  17:30 〜 翌2:00
   日曜日 11:00 〜 14:00  17:30 〜 23:00

 

 

味噌ラーメンのおいしい名古屋の店 

majingourmet.hatenablog.com

majingourmet.hatenablog.com