名古屋・愛知のサラリーマングルメ

愛知・名古屋のサラリーマングルメをこよなく愛する男のランチブログ

鶏白湯ラーメンの隠れた名店「九六亭」|名古屋市中村区

名古屋市中村区の「烏森(かすもり)」というマイナーな、地域に最近おいしい店ができたらしい。

そんなウワサを聞いて早や数年が経過しました。

 

そして、今回ようやく「九六亭(きゅうろくてい)」を攻めることができました~。

それでは食レポスタートです。

さてさて、どんなお味のラーメンでしょうか。

中村区烏森駅付近にある隠れた名店「九六亭」

「九六亭」は近鉄烏森駅からちょこっとだけ歩いた佐屋街道沿いにあります。

駐車場は完備してませんが、パーキングの割引がある模様。

ちなみに路駐はできませんよ。

 

佐屋街道は交通量の多いし、道幅狭いので店の前に路駐したら一撃で当てられますし、通報されてしまいます。

大人しくパーキングに止めるか自転車か歩きで行ってください。

自転車も止めるのが大変でした。

 

しかし交通手段さえ押さえてしまえば、あとは入りやすい雰囲気のお店です。

昔ながらの下町のラーメン店といった感じで、佐屋街道から一歩踏み出せばそこには懐かしい光景が広がります。

 

f:id:majingourmet:20170617234645j:image

↑路駐は無理でしょ?

 

f:id:majingourmet:20170617234727j:image

↑だからパーキングサービスなんです。

 

男前大将と美人女将の作る個性派ラーメン

佐屋街道からドアを開けるとすぐ店内。

一気に独特の白湯の香りが鼻を刺激します。

「どこでもドア」をくぐったらこんな感じになるのかなぁ、とか考える暇も無くカウンターが目の前に。

 

f:id:majingourmet:20170618001100j:image

店内は非常に綺麗で好感が持てます。

夫婦?二人で切り盛りしてるようで、大将はなかなかの男前、女将が美人というのはそれだけでラーメンのうまさ倍増しそうですね。

 

一見の私を常連らしい方がジロジロ見てきます。

「(恥ずかしいから)見るんじゃねぇよ!」

と言いたいのをこらえて着座。

店の座席は、カウンター6席、4人がけのテーブル一席が1席。

 

狭い!

が程よく狭くて良い感じ。

券売機もないし、ストレスを、感じずに済みますし、招福軒の狭さに比べたら天国ですよ。(ただ常連の方の視線が近い・・・。見ないで~)

 

majingourmet.hatenablog.com

 

カウンターに座った私は、早速メニューを探すが、それらしいものは無い。

「えっ?無いの?」

と少し焦りながらキョロキョロしてると、ボードにメニューがあったので一安心。

 

f:id:majingourmet:20170617235803j:image

読みづらかったが、ボードを必死で解読し、一番無難な

鶏白湯醤油味 750円

を注文。

 

もう少しゆっくりメニューを見て選びたかったが、見にくい上に読みづらかったので、無難なところでコレに決定。

それに、

「九六亭」は「鶏白湯がおいしい」

という前評判だったので、どんなものか試すにはこれで充分ですよね。

それでは待ちましょう。

 

 鶏白湯醤油ラーメンを実際に食べてみた

待つこと5分程で着丼。

f:id:majingourmet:20170617233208j:plain

来ましたよ!知多半島の名店「麺屋一八」を彷彿させるビジュアル。

こいつは期待できそうだ!

高まる期待を胸に実食に入ってみましょう!

いただきまーす!

 

majingourmet.hatenablog.com

 

「うーん、まずまずの味ですな」

 

うまいんですが、期待が大きかっただけに・・・ですかね。

鶏白湯の濃厚な味わいは出ているのですが、最後の一味が足りないと言うか、麺とスープが一体となる何かが無いと言うか…

 

とにかく何かが物足りないんですよね。

繊細な味付けだと言うことはわかるんですが、アッサリすぎるような印象を受けました。

私が濃厚なラーメンを好きなのが原因かもしれないのですが、軽くて物足りないと言った印象を受けるラーメンでしたね。

濃厚すぎずあっさりタイプのラーメンが好みの方にはツボかもしれません。

私には、ヤミツキ感は無かったですね。

「九六亭」の鶏白湯醤油ラーメンを分析してみる

鶏白湯醤油ラーメンの「麺」を分析

f:id:majingourmet:20170618230943j:image

麺は若干太めの縮れ系。

コシは少なくやわらかめで、がっつりスープに絡んだ麺を啜るというよりも、スープスパのように蓮華にスープを絡ませながら食すと美味いといった感じだ。

 

麺そのものにも、旨味があり、隠れた名店と言われるだけはある。

意外と女性ウケするラーメンかもしれない。(この店に入る勇気のある女性がいればの話だが・・・)

鶏白湯醤油ラーメンの「スープ」を分析

f:id:majingourmet:20170618231004j:image

この店のウリである「鶏白湯スープ」はたしかに濃厚だが、濃厚スープが大好きの私にはアッサリの印象が強かったです。

 

鶏白湯の奥深さは感じられますが、醤油との配合を変えることでさらなる高みにたどり着けるような気がします。

まだまだ可能性を秘めたスープでしょう。 

鶏白湯醤油ラーメンの「具材」を分析

メンマと味玉

f:id:majingourmet:20170618231048j:image

 

f:id:majingourmet:20170618231109j:image

 

メンマと味玉は程よい味付けで、安心できるおいしさで、単品で食べても満足できます。

また、味玉の茹で加減は絶妙すぎて感動しました。

チャーシュー

f:id:majingourmet:20170618231509j:image

f:id:majingourmet:20170618231240j:plain

チャーシューは豚と鳥むね肉の二種類ですね。

鳥むね肉は柑橘系?でアレンジされ、豚チャーシューは油なしのアッサリ肉ですが、塩加減がまたスープと絶妙なバランスが取れていて、これだけで酒が呑めそうです。

 

丁寧に仕上げられたチャーシューで系統的には中川区の名店「紫陽花(あじさい)」のチャーシューに似ていますね。

majingourmet.hatenablog.com

豚バラの脂身たっぷりチャーシューを苦手とする私の嫁にはかなりウケのよさそうなチャーシューですね。

鶏白湯醤油ラーメンの「辛味調味料」を分析

f:id:majingourmet:20170618231338j:image

カウンター上にある「辛さ一番」と言う調味料をかけて見ました。

 

f:id:majingourmet:20170618231530j:image

スープの中で ほどよく混ざり合っていきます。

これは、見た目ほど辛くはなく、このくらいの量だと鶏白湯スープに軽くアクセントをつける感じです。

 

私の好みでは、辛味噌を使って、ラーメン自体にもガツンとしたくるようにアレンジしてみたいですね。

まだまだ改良の余地はありそうです。

「九六亭」鶏白湯ラーメンのまとめ

やさしい塩加減、鶏白湯スープのコクが生きたラーメンと言う印象でした。

でも、私にはコクと塩加減のバランスのマッチ感が物足りないので、こんな感じのラーメンはヤミツキ感が出にくいと言うのがセオリーです。

 

今後はヤミツキ感を出すアレンジに挑戦していただけたら幸いです。

尚、ここは非常に美しいラーメンなので、一度は行ってみる価値はありますよ!

 

女性の方にもウケがよさそうなので、カップルでいかれるのもいいかもしれませんね。最初は入りづらさを感じるかもしれませんが、常連にでもなると逆にそれが居心地の良さになりそうですね。

ごちそうさまでした。 

 「九六亭(きゅうろくてい)」店舗情報

f:id:majingourmet:20170617234431j:image

名古屋市中川区松葉町2-28 サンフタミ小林ビル1F

TEL  052-364-7538

営業時間 11:30 〜 14:00 18:00 〜 23:00

定休日  毎週日曜、第三月曜日